テーマ展「民具の魅力―くらしの美―」

開催日
平成28年8月6日(土)~10月10日(月)
時間
9:00~17:00
会場
えさし郷土文化館 第二展示室
料金
通常入館料でご観覧頂けます。

民具は私たちの身辺や周囲にあり身近で親しみ深い存在です。しかし、実用の生活用具であるという本質から、その実用価値を失うと捨て去られる宿命にあり、文化財としての価値が一般に認識されるようになったのはごく最近のことです。さらに、民具は美術工芸品のように鑑賞する芸術作品とは異なり、実用道具として実際の生活にどのように使用され、どう役立ってきたかという実用価値にこそ大きな意義があり、地域の先達が生活における必要性の中から創造し、経験則に沿って改良工夫を重ねてきた歴史を物語る生活史の基礎的な特質を示すものです。
したがって、民具はモノ自体の観察にとどまらず、それを必要とした生活様式や地域性、それにまつわる技術、信仰、生活感情などといった無形の習俗に裏づけられたものであり、民具を通じて、その背面にある地域史そのものを垣間見ることができます。
本展では、館蔵品を中心としたそれぞれの民具から、江刺地方における地域的特性を探り、過去の生活活動の一端から暮らしにおける先人たちの多彩な仕事と技術、さらにはその中にある多様な意識・感覚を感取する機会にしたいと思います。